「印刷屋です」
「印刷屋です」は、お客様のデータを印刷してお届けする印刷通販サイトです。創業59年の印刷屋だからできるプロの品質、安心と信頼の「印刷屋です」!
TOP 初めての方へ ご利用方法 テクニカルガイド よくある質問 サイトマップ お問い合わせ カゴの中身を見る
テクニカルガイド
対応フォント一覧
対応可能データ一覧
折りの種類と注意点
穴あけについて
スクリーンショット作成方法
圧縮・解凍について


印刷データ作成上の注意
・色について/RGBとCMYKの違い
・カラーマネージメントについて
・画像解像度について
・Windows Office系全般
・ワード・エクセル・パワーポイント
・書体/フォント
・文字のアウトライン化について
・仕上がりサイズについて
・断ち落とし(断ち切り)について
・オーバープリント設定
・罫線について
・配置画像について
・トンボとは
・表裏について


各アプリケーションでの作成上の注意
Adobe Illustrator
Adobe Photoshop
Adobe InDesign
Windows Office(全般)
 プリンタファイルの作成方法
Microsoft Word
Microsoft Excel
Microsoft PowerPoint
PDF作成時の注意点

テクニカルガイド[各アプリケーションでの作成上の注意]

PDF作成時の注意点

【 PDFとは 】

PDF(Portable Document Format)とは、Adobe Systems社によって開発された電子文書のためのフォーマットです。PDFファイルは、Adobe Systems社より無償配布されている「Adobe Reader」をインストールすることにより、機種やOSに関わらず、どのパソコンでも表示・印刷することができます。
また、文書を作成したアプリケーションが閲覧する側のパソコンにインストールされていない場合や、アプリケーションのバージョンが異なる場合でもオリジナル文書通りに表示することが可能です。
※無償配布の「Adobe Reader」ではPDFファイルの作成は出来ません。


【 Office系アプリケーションでPDFを作成する注意点 】

◎PDF作成について
PDFの作成方法はアプリケーションによって異なります。以下にPDFの作成方法を説明してありますが、この方法で行えば必ず完全な印刷用PDFファイルができると保証するものではありません。PDFファイルを作成したら、必ずご入稿前にデータを開いて不備がないか確認してください。

◎PDFのカラーについて
Acrobat 7.0以降で変換したPDFファイルを開いてみると、色がくすんだように見えますが、それは当社で指定した設定が、RGBのファイルをCMYKに置き換えて変換する設定だからです。Acrobat 5.0・Acrobat 6.0ではRGBのまま変換されますので、開いてみても色の変化はありませんが、最終的には印刷するために当社でCMYKに変換しますので、同じように色がくすんだようになります。
画面上と印刷物のカラーは異なりますので、あらかじめご了承ください。(詳しくはこちら→色の説明へ)

◎用紙サイズについて
作成したデータの用紙サイズを必ず確認してください。特にPower PointやExcelは注意が必要です。(各アプリケーションをご参照ください)


【 Office系アプリケーションでPDFを作成する方法 】

◎Office Updateを行ってください
PDFにフォントが埋め込まれないなどの問題を防ぐためにも、Office UpdateでMicrosoft Officeを最新の状態にしておいてください。

◎当社で対応可能なAdobe Acrobatのバージョン
Acrobat 5.0/Acrobat 6.0/Acrobat 7.0/Acrobat 8.0

◎当社が推奨するAdobe Acrobatの種類
印刷に適したPDFファイルを作成するためにはAcrobat Professionalをお勧めします。バージョンはお客様の環境により異なりますので、下記のサイトでPDF Makerの対応状況をご確認下さい。PDF Makerとはそれぞれのアプリケーションのメニューから簡単にPDFファイルを作成する事ができる機能です。
http://support.adobe.co.jp/faq/faq/qadoc.sv?223590+002

◎Adobe Acrobatをインストールする
Microsoft Officeが入っているパソコンに、PDF Makerの対応状況を確認した上で、Adobe Systems社の「Adobe Acrobat(有償)」をインストールします。Officeより先にAcrobatをインストールしている場合は、再度Acrobatをインストールして下さい。インストールが終了すると、Office系アプリケーションのメニューに「Acrobat」または「Adobe PDF」という項目が追加されますので、確認して下さい。またあらかじめAcrobatをお持ちのお客様も、不具合を防ぐためにアップデートする事をおすすめします。
※当社では、Adobe Acrobat以外のソフトで作成されたPDFデータの受け付けはしていません。(文字化けなどトラブルが起こる可能性が高いためです。)

◎PDF設定を変更します(例:Word)
@Wordのメニューの「Adobe PDF」または「Acrobat」から「変換設定の変更」または「環境設定」をクリックします。

Acrobat 7.0(Office 2003-XP)
  Acrobat 8.0(Office 2007-Vista)

APDF変換の設定画面が表示されますので、「設定」タブをクリックします。以下の表をご参照のうえ、PDF設定の項目を、使用しているAcrobatのバージョンにあった設定に変更します。
バージョン 設  定
Acrobat 5.0 「一般」の中の「変換設定」
Press
―――――
Acrobat 6.0 「PDF Maker設定」の中の「PDF設定」
Press Quality
 「アプリケーション設定」の中の「タグ付きPDFでアクセシビリティと折り返しを有効にする」にチェックを入れます。
(この項目が無い場合はそのままで結構です。)
Acrobat 7.0 「PDF Maker設定」の中の「PDF設定」
PDF/X-1a:2001(日本)
Acrobat 8.0 「PDF Maker設定」の中の「PDF設定」
PDF/X-1a:2001(日本)

Acrobat 7.0(Office 2003-XP)
  Acrobat 8.0(Office 2007-Vista)

B「OK」をクリックすると設定画面が終了します。

◎PDFを作成します(例:Word)
@Wordのメニューの「Adobe PDF」または「Acrobat」から「Adobe PDFへの変換」または「PDFを作成」をクリックします。

Acrobat 7.0(Word 2003-XP)
  Acrobat 8.0(Word 2007-Vista)

APDFファイルの保存画面になりますので、名前を付けて保存してください。

Acrobat 7.0(Office 2003-XP)
  Acrobat 8.0(Office 2007-Vista)

B指定先にPDFファイルができあがります。
※Wordのみ説明しましたが、Office系ソフトなら同じ要領でPDFを作成することができます。


【 PDFファイルの確認 】

◎フォントの埋め込みを確認する
PDFファイルに変換する際にフォントが埋め込まれていないと、文字化け、文字が重なる・ずれる・消える、フォントが置き換わるなどの問題が起こります。下記の要領で、入稿の前に必ず確認してください。

@PDFファイルを「Acrobat」や「Acrobat Reader」や「Adobe Reader」で開きます。
※他にもPDFを開く事ができるアプリケーションがありますが、実際の印刷と異なる表示になる場合がありますのでご注意下さい。
A「ファイル」→「文書のプロパティ」または「プロパティ」を開きます。
B「フォント」タブをクリックすると、このファイルに使用されているフォントが表示されます。
C全てのフォント名の右側に(埋め込み)または(埋め込みサブセット)という表示があるか確認して下さい。表示があればフォントが埋め込まれているという事です。
  Acrobat 7.0(XP)


Acrobat 8.0(Vista)

Acrobat 7.0(XP)
  Acrobat 8.0(Vista)

◎ページサイズを確認する
お客様が指定されたサイズとPDFファイルのサイズが異なる場合、どちらが正しいのか判断できませんので、必ず確認をお願いします。
フォントの埋め込みを確認する時と同じ要領(@A)で、「プロパティ」を開きます。「概要」タブをクリックし、「ページサイズ」の右側に表示されている数値が希望の仕上がりサイズになっているかどうか確認して下さい。(A4規格ならば210×297o、A4塗り足し付きならば216×303o。)


【 フォントが埋め込まれない 】

◎Updateを行ってください
Microsoft Officeのアップデートを行っていないとフォントが埋め込まれない場合があります。Microsoftのサイトよりアップデート(無料)を行ってください。また、Acrobatがアップデートされていない場合にもトラブルが起こる事がありますので、Acrobatのアップデートも行ってください。
http://office.microsoft.com/ja-jp/downloads/FX101321101041.aspx?pid=CL100570421041
http://www.adobe.com/jp/products/acrobat/index.html

◎ライセンス条件を持つフォントを使用しないでください
ライセンス条件を持つフォントはPDFファイルへの埋め込みができない場合があります。ライセンスに関する詳しい情報は、各フォントの提供元にお問い合わせください。また、すでにインストールしてあるフォントのライセンスを下記の方法で確認することができますので、それらのフォントを使用している場合は別のフォントに置き換えて下さい。
@メニューの「Acrobat」または「Adobe PDF」から「変換設定の変更」または「環境設定」をクリックします。
Acrobat 7.0(Office 2003-XP)
  Acrobat 8.0(Office 2007-Vista)

A「設定」の中の「詳細設定」をクリックします。

Acrobat 7.0(Office 2003-XP)
  Acrobat 8.0(Office 2007-Vista)

B左側の項目の「フォント」をクリックします。「埋め込み」の中に「フォントの一覧」という項目があり、その下にフォント名が表示されています。ライセンス制限のあるフォントには、フォント名の隣に鍵のアイコンが表示されます。

Acrobat 7.0(Office 2003-XP)
  Acrobat 8.0(Office 2007-Vista)


【 PDFファイルに変換されない 】

◎画像の解像度を確認して下さい
解像度の高すぎる画像を張り込んでいると、エラーになる場合があります。画像の解像度を確認してください。カラーの画像は350〜400dpi程度あればキレイに印刷されます。

◎埋め込みできないフォントを使用しないでください
埋め込みできないフォントを使用している場合、PDFファイルに変換されない場合があります。【フォントが埋め込まれない】をご参照ください。

◎他の方法で変換してください
PDF MakerでPDFファイルに変換できなかった場合でも、PDFドライバやDistillerを使用するなど方法を変える事で変換できる場合があります。Adobe Acrobatをお持ちのお客様でしたら、設定が正くフォントが埋め込まれていれば、どの方法で作成されても問題ありません。例としてPDFドライバでの変換方法を説明します。(説明はWordを使用しています。)
@Office2003:「ファイル」→「印刷」
Office2007:「Officeボタン」→「印刷」
Aプリンタ名を「Adobe PDF」にし、「プロパティ」をクリックします。

Acrobat 7.0(Office 2003-XP)
  Acrobat 8.0(Office 2007-Vista)

B「Adobe PDF設定」タブをクリックし、PDF Makerと同様に以下の表をご参照のうえ、PDF設定の項目を変更します。次にページサイズを設定し、「OK」をクリックします。

Acrobat 7.0(Office 2003-XP)
  Acrobat 8.0(Office 2007-Vista)

バージョン 設  定
Acrobat 5.0 「一般」の中の「変換設定」→ Press
Acrobat 6.0 「PDF Maker設定」の中の「PDF設定」→ Press Quality
Acrobat 7.0 「PDF Maker設定」の中の「PDF設定」→ PDF/X-1a:2001(日本)
Acrobat 8.0 「PDF Maker設定」の中の「PDF設定」→ PDF/X-1a:2001(日本)

C印刷画面(A)に戻りますので、 「OK」をクリックします。
DPDFファイルの保存画面になりますので、場所を指定し名前を付けて保存してください。
<上に戻る>